牧畜などを勉強しました

勉強をしました。環境問題が人類の生存すら危うくする問題であるとの認識が広まり、先進国の間では従来の経済運営を見直す動きも出てきました。リサイクル・省エネルギーの模索、代替エネルギーの開発もすすめられています。また地球規模での対応を求める声が高まり、1992年にはブラジルのリオデジャネイロで国連環境開発会議(地球サミット)が開かれました。この会議では大気汚染と酸性雨、オゾン層の破壊、地球の温暖化などの問題が議論され、「地球環境問題」に諸国が力をあわせて取り組む第一歩となりました。しかし、経済開発を優先課題とする発展途上国が先進国の提唱する規制案に反対するなど、諸国間の利害は対立しています。この問題に取り組むには、各国がそれぞれの利害を主張するのではなく、地球規模の視野を持つことが必要です。牧畜はヤギ・羊・牛・馬・ラクダなどの家畜を飼育し、その肉、毛皮などを食料や商品とすることで生計をたてる生活洋式です。http://www.usabda-norcal.org/